2017年12月18日

小さな胸にコンプレックスを抱いていても

小さな胸にコンプレックスを抱いていても。小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいるかと思います。

実はバストの大きさは親からの遺伝よりむしろ生活習慣が及ぼす影響が大きいということです。

もし整形なんて考えているなら早まらないで、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?バストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が大きくならないのかもしれないのです。


おっぱいを大きくするには、キャベツが良いという有効説があります。キャベツにボロンという栄養素が入っているのですが、ボロンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促す働きがあります。

とはいっても、ボロンの一日の摂取量で理想とされるのは、キャベツ1個分ですので、サプリと併用するといいでしょう。

ツボのだん中と乳腺の発育を助ける天渓というツボにエレキバン貼付により刺激となり、おっぱいが大きくなるとされています。

加えて、胸の血流が良くなるというのも、胸に効きめがあるといわれている理由です。

いずれにしても、1度では無効なので、当分は継続してみてください。

胸の成長を妨げるような食生活は正すようにしてください。甘い物やスナック菓子、インスタント食品を代表とする加工食品をたくさん摂取しすぎると、育乳を妨害してしまいます。

バストアップに効果的な食べ物を摂り入れることも大切ですが、胸の成長を邪魔する食べ物を食べないことはそれ以上に大切です。

胸を大きくする方法は多々ありますが、簡単で確実な方法であるほど、高額になりますし、リスクが高いです。

例えば、バストアップの手術をしようとすれば、すぐに理想に近い胸になれますが、副作用、後遺症に悩まされたり、バレてしまう不安もあるでしょう。

根気を持ち合わせることが必須ですが、地味なやり方でコツコツと育乳していくのが良いと思います。




バストアップのために、クリームを塗るというのも一つの方法です。その際、同時に手軽なマッサージを施すと、より効果的でしょう。大抵のクリームは保湿成分を含んでいて、バストを大きくするのみならず、潤い十分な素肌も得られます。
  


Posted by l2ctrlk at 18:49ブログ