2017年12月09日

593万円くらいになります

593万円くらいになります。看護師でも転職回数が多いと良くない印象となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。

自己アピールを上手に行えば、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。

とは言っても、勤務の年数が短過ぎてしまうと、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまうこともありえるでしょう。


世の中の高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは多くなってきているのです。

それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しております。

このような事例の場合は、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。




看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。

看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。



将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくないです。看護師としての腕を上げることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分に合う職場を探すことも大切でしょう。

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。



全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円くらいになります。

公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。


同じカテゴリー(ブログ)の記事
 簡単に作れる手作りパックもあります (2018-01-03 14:44)
 育毛効果も期待できると言われています (2017-12-28 20:31)
 そこへ人工歯根を埋め込み (2017-12-24 01:06)
 小さな胸にコンプレックスを抱いていても (2017-12-18 18:49)
 そのエステサロンごとに違うのです (2017-12-13 00:42)
 飲食業界から全く違う種類の職に就くのはとても大変です (2017-12-05 22:17)