2017年12月24日

そこへ人工歯根を埋め込み

そこへ人工歯根を埋め込み。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。


代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。




歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。


同じカテゴリー(ブログ)の記事
 簡単に作れる手作りパックもあります (2018-01-03 14:44)
 育毛効果も期待できると言われています (2017-12-28 20:31)
 小さな胸にコンプレックスを抱いていても (2017-12-18 18:49)
 そのエステサロンごとに違うのです (2017-12-13 00:42)
 593万円くらいになります (2017-12-09 20:12)
 飲食業界から全く違う種類の職に就くのはとても大変です (2017-12-05 22:17)